特徴・こだわり

伝統の技が、美が、絹に新しい生命を吹き込む

より優れた友禅を生み出すための発見と伝承。
四五〇年という千切屋治兵衞の長い歴史の中でも数えきれないほどの試みがなされ、
そして最良のものだけが残され技として、美しさとして、受け継がれてきました。

色がときめいてくる 艶やかさがほころんでくる

手をかけ心を込め、いち工程いち工程、 その道を極めた伝統工芸師によって
丹念につくりあげられる千切屋治兵衞の友禅。
真の贅沢さに心がときめき、豊かさに心はみたされます。

伝統の技
伝統の技

京友禅の本流を後世に伝える

家訓である 「家業を専らとし信用を築く」 という大儀を尊重し、 手猫友禅の千切屋治兵衞としてその伝統を継承する意匠工芸の 一端を担ってまいりました。 この長い歩みの間、千切屋治兵衞が貫いてきたものは、 常に「良いものには格調と気品があり、つくりには精巧な心くばりがみられ さらに創造性に富んだオリジナリティが存在する」という概念を創作基盤 としてきたことです。 きものを愛する方々が安心して選べる、喜んで着ていただけるもの創りを 心がけております。